遺産相続案件はビリヤード大好きな弁護士に気軽に御相談

遺産相続の基本を押さえてトラブルを避けよう!

遺産相続の際の確認について

綺麗に並んだビリヤードボール遺産相続をするときには、最初に確認しなければいけないことがあります。
それは故人に借金や保証債務がないか、またその金額を明確にするという点です。
相続財産は預貯金や不動産といったような有利になる財産だけではありません。
このほかに借金などの負の財産も含まれています。

適正に手続きしないと借金も相続してしまいます

借金の方が多い場合でも基本的には相続をしなければいけません。
借金を含めたすべての財産を相続したくないと言うことになれば、相続があるとわかってから3ヶ月以内に家庭裁判所に手続きに行く必要があります。
家庭裁判所で申し立てをすることで、限定相続や相続放棄の手続きを行うことができます。
ここで注意しなければいけないことは、借金だけを放棄することはできないと言うことです。
借金だけ放棄するとか都合の良い相続はできません

確認すべき事項は複数あります

このほかに住宅ローンなどで団体信用保険に加入していたというようなケースがありますが、この場合は死亡と一緒に借金がなくなるようになっています。
したがってまずは保険会社に確認をするようにします。
この時点で雲行きが怪しいと思われた場合には、遺産相続弁護士に相談した方が良いでしょう。

保証人の地位も相続には関わってきます

保証債務に関しては、本来の債務者がしっかりと返済を行っていれば何も問題がないのですが、債務者の返済が滞ってしまうと、いきなり相続人が借金を背負うと言うことになります。
したがって財産を相続をするときには、まず亡くなった人が保証人になっていたかどうかを確認することが大切です。

相続放棄を行うには、3か月がリミットです

相続放棄をすることで保証人の位置も継続すると言うことはなくなります。
したがって3ヶ月以内に相続放棄をするかどうかをしっかりと判断することが重要です。
そのためには借金や保証債務の確認をすることが必要です。
なかには3ヶ月経過した後に債権者から催促があって借金の存在を知ることもあります。
この場合、状況によっては相続放棄をすることができます。
まずは相続問題に詳しい弁護士さんか、家庭裁判所に相談をしてみましょう。

相続問題に詳しい弁護士を探す!

遺産相続弁護士相談広場 | 無料相談!【遺留分・相続放棄なら】 … 全国の弁護士を検索可能。

新着情報