遺産相続では3か月までのスケジュールを確認しておこう

遺産相続の注意点について

ビリヤード台に散らばったボール
遺産相続とひと言で言いますが、この手続きは複雑でしっかりと準備をしておく必要があります。
その中で大切なことは、各種の手続きには期限が設けられているという点です。
たとえば3ヶ月以内には済ませておかなければいけないことがあります。

最初の相続手続きは3か月以内に行わなければなりません

相続人は、自分のために相続の開始があるということがわかると、その日から3ヶ月以内に相続の放棄や限定承認という手続きを行うことができます。
逆にこの期間以内に手続きをしておかないと、相続放棄や限定承認をすることができないということになります。

財産に負債がある場合は大きな問題となります

ここで相続をする財産がすべてプラスのものの場合には、とくに大きな問題は発生しません。
しかし借金などのマイナスの財産の方が大きいと言うときには、もらいたくないと考える人が多くなります。
もらいたくない場合には、遺産分割協議のなかで相続分をゼロとするか、他の相続人に譲渡をするという形を取ることができます。
しかし相続財産がマイナスであるときには、このように安易な考えをすることができません。

相続は負債も資産もすべてを継承するのが基本

相続ではプラスの財産だけではなくマイナスの財産を含めた故人の一切の権利義務を継承すると言うようになっています。
借金を抱えている人の分を相続することになれば、その借金も自分の借金となってしまいます。
借金を引き継ぎたくないという場合には、決められた期間以内に放棄するか限定承認の手続きを行うようにします。

相続をするなら財産の把握を急ぎましょう

ここでそれを決める一つのポイントとなるのがマイナスの財産とプラスの財産のどちらが多いのかという点です。
この場合には相続財産調査をしっかりと行う必要があります。
相続財産は保証債務や個人的なお金の貸し借りを調べることが必要になり難しいですが、できる限りのことをしておくことで大きな負債を抱えるのを回避できます。