相続する財産と負債をきちんと把握しよう

遺産相続の財産の範囲について

遺産相続をするときには、そのような財産があるのかということが気になります。
相続に関しては民法で決められていますが、この民法では被相続人が亡くなったときに持っていた財産のすべてが相続の対象と決められています。
具体的には次のようなものとなっています。

プラスの資産:不動産と金融資産、債権

まずは不動産や動産や金融資産などになります。
被相続人が持っている不動産や動産や預貯金や株式や投資信託、このほかにはゴルフ会員権などの金融資産などがここに含まれています。
このほかに他の人に対する賃金や損害賠償請求権などの債権も含まれています。
株式に関しては上場されている株式だけではなく、被相続人が会社を経営していたところの株式に関しても含まれています。
プラスの財産に関してはすべて相続の対象となっています。

マイナスの資産:借金や負債

また意外に感じる人もいますが、借金や未払い金なども対象となります。
借金や未払い金、損害賠償債務のようなマイナスの財産に関しても相続の対象となっていることを忘れないようにします。

生命保険は扱いが特殊です

気になるのが生命保険ですが、被相続人がかけていた生命保険の保険金に関しては、保険金の受取人に指定されているという人が生命保険の契約によって取得することができるので、基本的には相続の対象となる財産には含まれていません。
民法で決められた範囲とは少し違いがあることを把握しておきます。
被相続人が亡くなった後の収益に関してはどのようになっているのかというと、相続財産そのものには含まれないようになっています。
相続財産からその後に収益が生じるというような場合や、相続財産と他の人の財産が混じっているというような複雑なケースでは、弁護士や税理士などの専門家に相談することで的確な答えを導き出すことができます。