遺産相続における法廷相続人の順位を確認しよう

遺言書の有無を確認しよう

遺産相続をするときに遺言があるとないとではその手続きが大きく異なってきます。
遺言がない場合には法律で定められた相続人が法定相続人となります。
このときの判断の基準が何を参考にされているのかというと、その亡くなった方の血筋、血統となります。

法定相続人の決まり方

ここで重要となるのが被相続人の戸籍謄本と家系図になります。
これらを参考にしながら法廷参考人の範囲が決められています。

法廷相続人は法律に基づいてその順位が決められています。

したがって遺産相続の際には家系図に基づき、相続人としての序列をしっかりと確認する必要があります。
順位が高くなればそれだけ相続人としての立場が優先されるようになっています。

法定相続人の序列は厳格です

ここで被相続人の配偶者に関しては、順位に影響されることなく相続人として認められています。
その次の第1順位は被相続人の子供や孫になります。
第2順位は被相続人に対して戸籍上の両親や祖父母になります。
第3順位は被相続人の兄弟姉妹やその子供になります。

順位は相続人の有無で変動します

法定相続人の範囲はこのようになっていますが、状況によって変化することがあることを理解しておきます。
たとえば第1順位が子供となっていますが、被相続人の子供が亡くなっているというような場合は被相続人の孫が第1順位の相続人と変化します。
ここで孫がいないと言うことになれば、第2順位の被相続人の両親が相続人になりますが、この両親が亡くなっている場合には第3順位の兄弟姉妹が相続人になります。
法定相続人を確認することができれば、それぞれの取り分である法定相続分についても理解をしておく必要があります。
これは遺産に対する各相続人の分配割合を示した基準となります。
配偶者と第1順位の相続人がいる場合には配偶者は2分の1で、第1順位の相続人も2分の1となります。
第1順位の人が複数いる場合にはこの2分の1を均等に配分します。