遺産相続手続きの流れを確認しておこう

遺産相続の流れについて

遺産相続には決められた期限以内に手続きを行わなければいけないものなどがあるので、その流れや適切な時期をしっかりと把握しておくことが大切です。
遺産相続の流れは次のようになっています。

故人の死亡届や役所での手続き

まず故人が亡くなった際に相続が開始となります。
このときには葬儀の手続きや死亡届などの提出を行わなければいけません。
葬儀をあげるのはもちろんです。

遺言書と相続財産の確認

その後に遺言書や相続財産の確認をします。
遺言書の中には葬儀の希望や遺産の分け方について書かれていることもあるので必ず確認するようにします。

借金や負債が残されている場合

また故人が借金を残しているというようなこともあります。
不動産や預貯金などプラスの財産だけなら問題はないのですが、借金や連帯保証人などのマイナスの財産があると言うときには、3ヶ月以内に家庭裁判所に届け出をすれば相続放棄ができます。
また故人の所得税の申告に関しては4ヶ月以内に行うようにします。

遺言書が無ければ遺産分割協議を開催する

遺言書がない場合には遺産分割協議を行います。
ここで遺産の分け方を決めます。

税務署への申告と相続税の納付

10ヶ月以内には相続税の申告と納付を行うようにします。
ここで注意しなければいけないことは、申告が1日でも遅れてしまうと加算税が発生します。
したがってスムーズな手続きのためにはスケジュールに注意が必要です。
土地や建物の相続登記や預貯金などの名義変更をする必要もあります。
ここでは必要書類の有効期限があるので、早めに手続きを済ませておきます。

後から遺言書が見つかった場合

遺産相続で遺言書が発見されることがあります。
ここで注意しなければいけないことは、遺言書を見つけてもすぐには開けてはいけないと言うことです。
ここでは家庭裁判所に提出をして確認を受けなければいけません。
この手続きのことを検認といいます。
また相続の際にはいくつかの書類が必要になるので、あらかじめ確認して早めに用意をしておくようにします。