相続税の節税対策の基本をおさらいしよう

相続税の節税対策について

相続税を少しでも少なくするためには、節税対策をすることが大切になります。
これにはいくつかの方法があるので、実際にどのような方法があるのかということをしっかりと頭に入れておく必要があります。

遺産をできるだけ残さない!

まず一番の節税対策となるのは、できるだけ遺産を残さないと言うことになります。
また税金を現金で納めるという方法がありますが、これよりも自宅を残した方がその金額を減らすことができます。
それはなぜなのかというと、宅地の評価が柔軟に行うことができるからです。
したがって相続税の計算で最初に計上する相続財産の金額を低く評価することも比較的しやすくなっています。

生前から贈与して減らしておく

このほかにできる対策としては、遺産に関して贈与ではないという証拠を残すことが大切です。
この際に売買契約書や金銭消費対策契約書などを作成しておくようにします。
贈与ではあげるという意思表示だけではなく、もらうという意思表示の両方が合わさることで成立するようになっています。
この贈与契約に関して否定できなければ贈与であると認められません。
したがって最終的に贈与税の負担も少なくなります。

不動産評価を下げるテクニック

宅地に関しては借地権を設定して評価を下げると言うことを行います。
この場合、底地価格だけ税金の計算の最初に計上する相続財産に加えるようにします。
こうすることで借地権の価格部分を節税することができます。
また相続時精算課税制度というものを利用することができます。
これは贈与を行うときに贈与税を納めて、贈与を受ける人が亡くなったときにその贈与財産と相続財産の価格とを合わせた金額をもとにして相続税を計算し、すでに納めている贈与税額を差し引いて納税をするという制度となっています。
ここでの適用対象者は決められています。